Nov25th

rezakansi

Top / rezakansi

レーザーポインターカラス撃退の危険性は

レーザーポインターは、片手に持ってレーザー光線を照射することのできる小型のレーザー発振機のことです。会議場・講堂・イベント会場などのスクリーンに投影されている図や文字を指し示すためや、土木・建設工事の現場で施工個所を指示するための道具として普及しています。また、実用的な用途だけでなく、もっとも低出力のものは玩具としても販売されています。
http://www.laserscheap.com/laserpointer-red-500mw/p-4.html
レーザーポインター光線は低出力でも危険

現在、国内で販売されているレーザーポインターは、比較的に低出力の製品がほとんどです。玩具用は、レーザー光線を直視しても、短時間であれば眼に悪影響がないものに限られています。また、仕事に使われている実用的なものは、一瞬直視したくらいであれば眼に損傷を受けることはありません。しかし、緑色レーザーポインター光線は光のエネルギーが拡散せずに放射されるため、低出力のものでも眼に入った場合には瞬間的に視力を奪われるだけの力があります。自動車・機械などの運転中やスポーツでプレイ中にレーザー光線を眼に受ければ、危険な事故につながりかねません。

レーザーポインター 野外の法的規制と販売の現状

http://www.laserscheap.com/laserpointer-green-100mw/p-10.html

JIS 日本工業規格では、レーザー発振機の規格を最大出力(単位・mW ミリワット)によって5段階に分類しています。現在、レーザーポインターでの使用が法的に認められている発振機の規格は、もっとも低出力のクラス1(約0.2mW)と次のクラス2(1mW未満)の2種類だけです。1mW以上の高出力が可能な発振機の使用は、産業用や実験用の機器・設備に限って認められています。

これは、1990年代に猫用レーザーポインターが普及して事故が多発したため、2001年改正の消費生活用製品安全法によって定められた規制です。この改正法では、発振機の出力だけでなく、サイズ・重量、バッテリー電源のみ使用すること、電池の種類・本数など、レーザーポインターの安全性を確保するためのさまざまな製品条件が規定され、これに適合しない製品の製造販売・輸入販売が一切禁止されました。また、公認の検査機関による検査制度も新設され、合格製品に表示が義務付けられるPSCマークが制定されました。現在、PSCマークが付いていない製品は販売・輸入が禁止されています。

http://www.laserscheap.com/laserpointer-green-100mw/p-9.html

しかし、このようなレーザーポインターの規制が厳格に守られているとは言えません。国内メーカーは法律を遵守しているようですが、海外メーカーの大出力の製品やPSCマークを取得していない製品がネット通販によって販売されています。サッカーの国際試合でレーザー光線による妨害行為が問題になっている昨今です。2020年の東京オリンピックに向けて、ペン型レーザーポインターの違法販売や危険使用に関する法的規制と取り締まりが強化されるものと思われます。